情報解禁になりました

2015年12月06日 マネージャー本間

現在、桐谷健太が撮影中のドラマの情報解禁が本日ありました!!

日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW メガバンク最終決戦

20151206

「銭の戦争」シリーズや「疑獄 小説・帝人事件」の著者で、5000億円もの日本株を運用し、国際経済の裏表を知り尽くした“伝説のファンドマネージャ ー”波多野聖による経済エンターテインメント小説をドラマ化。日本国債の暴落で一夜にして巨大負債を抱え、機能不全に陥った巨大銀行=メガバンクを 舞台に、辣腕ディーラーでもある専務と総務部員がバディを組み、史上最大の買収合戦に挑んでいく。

辣腕ディーラーを演じるのは、椎名桔平さん。椎名とさんとタッグを組んでメガバンクを守り抜こうとする総務部員に桐谷健太。

仕事とは何か?誰のために何と闘うのか?そして、元ファンドマネージャーが描き出す“日本の本質”の光と影とは?働くわれわれの心のど真ん中に突 き刺さる経済エンターテインメントドラマをお届けします。

<ストーリー> 東西帝都EFG銀行(TEFG)は、帝都銀行を中心に東西銀行、EFG銀行が金融庁主導で合併して誕生したメガバンク。合併以来、帝都銀行出身者が主導権を握り、行内では出身銀行ごとのヒエラルキーが強く残る。そんな中、辣腕ディーラーの桂光義(椎名桔平さん)は、帝都銀行出身ではないものの、手腕 を買われて為替部門の専務にまで上り詰めていた。一方、EFG銀行のさらに前身の銀行であり、TEFG内で“最下層”と位置付けられている名京銀行出身の総務部、二瓶正平(桐谷健太)は、そんなヒエラ ルキーには屈せず、生真面目に仕事に邁進していた。

ある日、TEFG上層部と金融庁官僚との密談で行なわれた超長期国債の購入と、同時期に生じた日本国債暴落により、突如TEFGは破綻の危機に陥 る。会社存続のため、桂は二瓶とともにTEFG買収を狙う外資ファンドや、陰謀をたくらむ官僚たちに立ち向かう。史上最大の大勝負に挑む彼らの行く末 は!?


原作:波多野聖『メガバンク絶滅戦争』(新潮社刊)
監督:古澤健(「37.5°Cの涙」『クローバー』)、佐和田惠(「連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-」) 脚本:杉原憲明(『ディアーディアー』「ドラマWスペシャル 人質の朗読会」)
音楽:大間々昂(『予告犯』「連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-」)
出演:椎名桔平 桐谷健太 / 大石吾朗 利重剛 緒川たまき 音月桂 袴田吉彦 音尾琢真 小柳友 日野陽仁 益岡徹 ・ 左とん平 / 石橋凌 ほか

2016年2月14日(日)スタート(全6話)[第1話無料放送] 毎週日曜 夜10:00 WOWOWプライム