2016年05月13日 マネージャー本間

本日 解禁となりました。

エドガー・ライス・バローズの小説ターザン・シリーズを新たに生まれ変わらせた『The Legend of TARZAN』が『ターザン:REBORN』の邦題で7月30日に公開になります。

ターザン役にはアレクサンダー・スカルスガルドさん。共演にはマーゴット・ロビーさんをはじめ、クリストフ・ワルツさん、サミュエル・L・ジャクソンさん。

メガホンをとるのは「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツ監督。

その日本語吹き替え版のターザン役を桐谷健太が初めて声で演じることが決定致しました!!

実写声優初挑戦です。

本作で描かれるターザンは、ロンドンに暮らす貴族にして実業家、英国政府にも一目置かれる存在。産まれてまもなく、反乱に巻き込まれ、コンゴのジャングルで動物たちに育てられたという設定。ある日、政府の命を受け、外交のために最愛の妻ジェーンと故郷へ戻るが、それはターザンに仕向けられたわなだった。ターザンはさらわれた妻と故郷を守るため、己の野生を呼び覚まし、すべてを取り戻そうと決意する――

健太は「初の実写声優で、あの誰もが知っているターザンの声をやらせて頂けるということで、気合いはもちろん、今から自然をもっと身体にまぶして、実写に負けないワイルドでパワフルなターザンの声を演じたいと思います!」と、コメントしております。

そしてデイヴィッド・イエーツ監督、デイビッド・バロンプロデューサーから『桐谷健太さんが日本のターザンになってくれて嬉しいよ!時代を超越して愛される「ターザン」が本作では新たに生まれ変わる。我々は桐谷さんが日本の皆様に新たなターザンの魅力を届けてくれることを確信しているよ!』と、嬉しいコメントをいただきました。

お楽しみに!!