連続ドラマ

2017年11月01日 マネージャー本間

 TBSは、『逃げるは恥だが役に立つ』『あなたのことはそれほど』など中毒性のあるラブストーリーでいま最も注目を集める火曜ドラマ(火曜よる10:00)枠にて、来年1月期に『きみが心に棲みついた』が放送されます!このドラマに桐谷健太が出演致します。主演吉岡里帆さん、共演向井理さん。三角関係ラブ ホラー ストーリー。

原作は若い女性たちから高い支持を得ているマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんさん「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)。自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動く様を描いていく。
そんな2人の男の1人目は、マンガ編集者・吉崎幸次郎。吉崎は誰に対しても遠慮なく厳しい言葉を投げかけるが、その裏には優しさ・誠実さが溢れる“いい男”。とんでもない言動を自身に向けてくるキョドコをも突き放すことができず、持ち前の熱さでつい助けてしまう。そんな吉崎が自分を変えてくれるのではないかと、キョドコは強く惹かれていく。
もう1人は、自信の持てなかったキョドコを初めて受け入れてくれた大学時代の先輩・星名漣。一見爽やかなイケメンに見える星名だが、裏の顔があり、自分だけを信頼し離れられなくなっていたキョドコに、度を越えた冷酷な命令を下していた。一旦は距離を置くキョドコだったが、星名からの連絡は続き、会社で再会したことにより、星名に強く“依存”していた過去の感情が蘇ってしまう。
吉崎との恋愛で前向きな自分に変わろうとするが、引き戻そうとする星名の“魔の手”に抗えないキョドコ…どこかホラー要素を感じさせる新たなラブストーリーが誕生します。

桐谷健太の役柄、吉崎幸次郎は、​出版社勤務。マンガ雑誌の編集者で「俺に届け響け!」というちょいエロマンガの作者・鈴木の担当。
 率直で明るく、大らかで面白い男。歯に衣着せぬ物言いだが、実は優しく誠実。一見、能天気にも見えるが、実は繊細さを隠すようにおどけたフリをしていたりする。マンガ編集者として優秀で信頼も厚いが、実は小説家になりたいという夢を誰にも打ち明けられず、書き溜めていた小説も途中で止まったまま。編集という作家に近い仕事をすればするほど、執筆のハードルが上がってしまうというジレンマを抱えている。

【桐谷健太コメント】
『主人公が色んな意味でぶっとんでいて、おかしな関係性もあったりで、これからどうなっていくんだろうと新鮮な気持ちで脚本を読み進めています。あまり読んだことのない作品だと思いますね。主人公に対してイライラしたり、頑張れと感じたり、ちょっと自分と重ねてみたり。でも、ちょっと“異次元”なストーリーでもあるので、不思議な感覚で観てしまう作品になると思います。
僕が演じるのは吉崎というマンガ編集者ですが、今日子に対して全く共感できなかったところからどう惹かれていくんだろうと気になっています。まだ演技プランは何も考えていませんが(笑)
凄く新鮮な、どこまでテレビで表現できるんだろうって内容の作品だと感じます。ガンガン攻めていく作品になって欲しいなと願っております!僕も今までにはなかったような役なので、共に血を通わせるように生きていけたらと思います。』

どうぞご期待下さい!!