みんなの空

2012年05月01日 桐谷健太

ずっと心の中にある。

昨日またそのカケラが目からこぼれ落ちて、何をすればいいのか、また考えて。

ずっと言い続けてきたのは、自分の持ち場を離れず全身全霊で芝居をすること。

忘れないこと。

無関心にならないこと。

そして行動すること。

優しさやったり、愛情は伝染する。みんなが、何か、ひとつ、すくい合えたら。

突然の書き込みですが、昨日、大杉隼平君の『みんなの空 想い繋がれ…』とゆう、東北大震災から1年経った2012年3月11日に、たくさんの人に呼びかけ、それぞれの場所で空の写真を撮ってもらい、それを繋ぎ合わせて一枚にした写真の展示会に行ってきました。

日本47都道府県、世界38ヵ国、7921人の空がひとつになった、美しく心ある写真でした。

その展示会には福島の人達の言葉と、20キロ圏内の写真も展示されていて、そのまっすぐな言葉や写真が心を揺さぶって、涙が止まらなかった。

同時に泣くことしかできてない自分が恥ずかしかった。

だから微力ではありますが、少しでも多くの人に知ってもらいたいと感じて、このホームページで紹介させてもらうことにしました。

もちろん、そこで感じられるのは福島の人たちの気持ちのほんのひと粒やと思う。

でも、知っておくべきや。と感じる。

その上で、どういう行動をするのか。

でも福島や被災地の人たちは知ろうとしてくれるだけでも、ぬくもりを感じてくれるかもしれない。

その展示会は昨日から5月6日までやっています。
時間は12:00から22:00までです。
場所は原宿です。

東京都渋谷区神宮前6~16~18 サンドー原宿ビル2F

TEL:03-3499-8873

入場料500円かかってしまいますが、売り上げは義援金になるそうです。

ゴールデンウィーク、買い物帰りにちょろっとでも寄れたなら是非。

小さな輪でも、たくさんの人を笑顔に繋げる首飾りになる。

愛を。

桐谷健太。