知らないワタシと出会う旅

2019年05月02日 RIO

近年、遺伝子検査をもとに家族の歴史を調べたり、親戚を探したりする“DNA ルーツ探し”が世界的なブームになっています。
簡易な検査キットを使って自らの唾液を採取してサービス会社に送ると、サービス利用者間で自分と血縁関係のある“親戚”を教えてくれるというもの。
海外では「養子として育てられた女性が生みの親に再会」「捨て子だった女性が、兄弟を発見」など、人生を変えるような出会いが次々と生まれているそうです。

日本でも利用者は増加。
ある男性は、今まで知らなかった親戚がハワイに見つかったため、どこからハワイに親戚が分岐したのか、この出来事をきっかけに家族の歴史をさかのぼってみたり…
生まれてすぐ両親が離婚したため、自分の父親を知らずに育った女性は米国人の父親を探すため、遺伝子検査をうけます…

職場や学校、SNSなど多くのつながりがある現代に、どうして人は簡易な検査でわかった“血縁”に引き込まれていくのか。
そこには“血縁”というつながりで結ばれた人どうしだからこその、さまざまな思いや葛藤が…
最新のテクノロジーがつなげる家族の物語です。

室井が語りを担当しました。
是非ご覧ください!

NHK総合
ひとモノガタリ
「知らないワタシと出会う旅」
5月2日(木)18時05分~18時34分
https://www4.nhk.or.jp/P5035/

2019050201